パリでの留学生活、その他もろもろのコト
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お久しぶりです
 長い間ここのブログを放置してしまいまいました。

7月中旬に日本に帰国しました。
ご報告が遅くなってしまって申し訳ないです。

ずっとこのブログを続けることも考えましたが、パリで生活していた時間を記した、形に残るひとつのものとして、更新をやめてこのまま残すことにしました。

いままでこのブログを読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
また、テレビに出演したことがきっかけでこちらに来てくださった方々にも、本当にありがたいと思っています。

これからはまた東京の生活に戻り、とりあえずは大学生活を充実したものにしていくつもりです。
まぁ、まだ夏休みなんですが…

パリでの生活は私にとってとても大きなもので、私自身、色んな面ですごく変わったと思います。
パリで関わった全ての人や、見たもの、食、ファッション、アート、音楽、などなど、
本当にいろんなことが私を成長させてくれました。

美しいものを知れた、そんな1年間だったと思います。
これからもまだまだ美しいものにいっぱいいっぱい触れて生きたいと思っております。そして私自身、素敵な人になれたらいいなぁ、と思います。

パリにまた戻りたい気持ちもないわけではないですが、
自分の未来のことはまだまだわからないです。
とりあえずは、自分がいまやるべきことに邁進していきます。


さて、そんなワタシですが、ブログを書くことはどうもやめられないみたいです。

新しく別のブログを始めたので、よろしかったらそちらにお越しくださいませ。

http://cktm.jugem.jp/


いままでパリ生活を綴ってきたここのブログとはまたかなり違ったものになると思います。

夏休み中ですが、なかなか忙しく、どれだけ更新できるかわかりませんが、日々を綴ることはやはり面白い。

地道に続けていきたいと思いますので、ご興味がある方はぜひ覗いて見てください。


いままで本当にありがとうございました。

愛を込めて
bisous

千華


lundi de Pentecôte

少しブログに間があいてしまいました。

 

気がついたらもう6月。日本では梅雨の季節でしょうか。早いものです。

 

さて、ワタシはというと、5月の後半は用事でドイツに行っていたのですが、まぁ気が向いたらそのことは書くとして(といってLausanneもEvianもまだ記事にしてないけど…)最近のパリでのことを。

 

6月1日は、フランスではキリスト教の祭日でした。

 

たまたまInvalidesの前を通りかかったら、クリスチャンの人たちがたくさん集まっていた。

 

              

 

子供たちもたくさんいました。
 

みんなフランスの各地から来ているようで、大型のバスがたくさん近くに止まっていて、

それぞれ旗を掲げていたり十字架を掲げていたり…

 

それぞれ色んな旗を掲げていて面白かったです。

 

Invalidesの前にたくさんの旗と十字架。

すごい光景でした。

 

 

 
exposition
 

最近見に行った展覧会。

 

Le Grand monde d’Andy Warhol@Grand Palais

Une image peut en cacher une autre@Grand Palais

 

   

 

 

Voir l’Italie et mourir@Musée d’Orsay

 

               

 

 

Oublier Rodin?@Musée d’Orsay

 

   

 

 

大して期待してなかった、オルセーでのVoir l’Italie et mourirが一番面白かった。

イタリアの写真と絵画の展覧会で、写真が発明されたころからの写真&その影響を受けた絵画の展覧会、という感じ。

 

Warholは作品数はそこそこあるけど、まぁまぁ。絵の作品ばかりだった。

でも彼自身がメイクをしてportraitを撮るときのメイキングのビデオがあって面白かった。

 

パリは美術館も多いし、展覧会も多いので常に何かしら面白いものをやってます。

そしてそれをみんな気軽に見に行ける、という美術との距離の近さ。

 

これがパリのすごさだと思う。